アルミ素材のフライパン<ナノパンの特徴と詳細について>

 

ナノパン

 

GSWのナノパンはアルミ素材のフライパンになっていますが、
表面の加工はGSW独自の特許技術であるビタフロン加工になっています。

 

どのような特徴があるのか早速ご紹介していきます^^

 

 

ビタフロン加工で油いらず!ヘルシー料理が可能!

 

油いらずのフライパン

ビタフロン加工によって油を使わなくても食材が焦げ付かずに調理が出来る特徴があります。

 

野菜など健康に気を付けて食べようと思っても油を入れないと焦げ付く!ベタつく!などになってしまっては本末転倒ですよね・・・

 

ですがGSWのナノパンであれば油いらずなので野菜など食材の味を活かしたヘルシーな料理をする事が出来るのが大きな特徴です^^

 

 

後片付けが簡単!ちょっとした節約に!

 

節約

油を吸収しないように加工が施されているので、フライパンを洗う際も簡単なのがうれしいですね。

 

洗剤などを付けて何度も洗わないとヌルヌルする!といった事もなくなるので洗剤の量も減り水道の水も節約出来ます。

 

 

熱伝導率が良く料理がしやすいフライパン!

 

熱伝導率

アルミ鋳造フライパンの鍋底にIH対応のステンレスが使用されているので、鍋底にデコボコがなく熱伝導率が良くなっています。

 

まら均一に加熱されて熱が通るので料理をする際にもムラなく焼けるので美味しく仕上がります。熱伝導率が悪いと火が通るまでにも時間がかかるので助かりますね。

 

 

 

ナノパンのサイズによる違いを比較!

 

 

サイズ

24cm(2人向け)

28cm(家族向け)

直径

24cm

28cm

高さ

5,5cm

6,0cm

重さ

1019g

1314g

容量

2,0 L

3,0 L

取っ手込みの長さ

42,8cm

46,8cm

電磁誘導体の直径

18cm

21,5cm

価格

22,800円

27,800円

 

 

他の種類のフライパンに比べてナノパンは2種類のサイズになっています。

 

価格はGSWのフライパンの中でも高く高級フライパンになってますが、
最初にも書いたようにGSW独自の特許技術であるビタフロン加工が表面に施されています。

 

他のGSWのコーティングフライパン同様で、
PFOAを使用していないので安全面でも安心出来るフライパンです。

 

 

 

 

関連ページ

セラミカストーンのフライパンの特徴と詳細について!
セラミカストーンのフライパンはどのような特徴があるのか?またサイズによって重量などはどのくらい変わってくるのかなどの詳細をご紹介しています。購入前の参考になさって下さい。
鉄のフライパンで人気<GSW ガストロの特徴と詳細について>
鉄のフライパンで人気の高いルールフライパンの姉妹ブランドであるGSWのガストロの特徴と詳細についてご紹介しています。表面が網目状になっていて余分な油を落としてくれる特徴があります。
チタニウムグラニートの特徴と詳細<熱伝導率が良いフライパン>
GSWのドイツ製フライパンである、チタニウムグラニートの特徴と詳細についてご紹介しています。熱伝導率が良く、油いらずのヘルシーなフライパンが欲しい方におすすめです。