チタニウムグラニートの特徴と詳細<熱伝導率が良いフライパン>

 

チタニウムグラニート

 

GSWのフライパン「チタニウムグラニート」は、
深さの異なる2つのフライパンの種類が用意されています。

 

チタニウムグラニートの特徴についてと、
サイズによる重さなどの違いを詳しくご紹介していきます^^

 

 

油いらずで健康的な料理作れる!

 

健康的な料理

焦げ付かないフライパンを購入しようと考えている場合は健康に気を付けてようと考えている場合があります。実際に私は健康に気を付ける為に焦げ付かないフライパンの購入を決めた一人です。

 

出来るだけ油は使いたくないですよね?チタニウムグラニートならコーティングによって食材が焦げ付きにくく油も吸収しません。

 

なので料理を作る際にベタついたりもせず、油も使わなくても調理できるので健康に気を付けたいと思っている場合にはおすすめのフライパンになります。

 

 

油汚れも簡単に落ちる!

 

油汚れが簡単に落ちる

油を使わずに料理出来るので油汚れが少なくなるという事もありますが、もし油を使って料理をしてもフライパンの表面が油を吸わないので簡単に油汚れを落とす事が出来ます。

 

洗剤も無くなるのは早いですし以外と高いので、主婦にとっては節約できるのはうれしいポイントですね^^

 

 

 

熱伝導率が良いフライパン!

 

熱伝導率が良いフライパン

フライパンの側面も3,5mmある、底の厚さも8mmあるので、熱伝導率が良く料理をする際に均一に熱を通す事が出来ます。

 

なのでムラなく焼くことが出来るので美味しく仕上がります。また焦げ付きやすい魚なんかでも蓋をして焼くことでふっくらと焼けます。私も実際に焼くときにはフライパンを使用しています。

 

コロに付属している魚焼きで焼くとふっくら焼けない事もあるのですが、熱伝導率の良いフライパンで焼くと美味しく出来ますよ^^

 

 

チタニウムグラニートのサイズによる違い<深さの違う種類ごとに比較>

 

 

チタニウムグラニート(深さが浅いフライパン)

 

サイズ

20cm

24cm

28cm

直径

20cm

24cm

28cm

高さ

約5,3cm

約5,3cm

約5,3cm

重さ

約717g

約1089g

約1492g

容量

1,1 L

1,7 L

2,3 L

取っ手込みの長さ

40cm

45cm

50cm

電磁誘導体の直径

13cm

16,5cm

20cm

価格

11,800円

12,800円

15,800円

 

 

チタニウムグラニート(深さが深い)

 

サイズ

20cm

24cm

28cm

直径

20cm

24cm

28cm

高さ

約7,5cm

約7,5cm

約7,5cm

重さ

約834g

約1369g

約1595g

容量

1,8 L

2,5 L

3,8 L

取っ手込みの長さ

40cm

48cm

53cm

電磁誘導体の直径

13cm

16,5cm

20cm

価格

12,800円

14,800円

17,800円

 

 

深さの違う2種類のフライパンのサイズによる違いをご紹介しましたが、
チタニウムグラニートの場合は深さはそれぞれ一定になっているようですね。

 

炒め物が多いのか?煮物系の方が多いのか?
などでどちらの深さにするのか決められると選び易いかと思います^^

 

 

 

 

関連ページ

セラミカストーンのフライパンの特徴と詳細について!
セラミカストーンのフライパンはどのような特徴があるのか?またサイズによって重量などはどのくらい変わってくるのかなどの詳細をご紹介しています。購入前の参考になさって下さい。
鉄のフライパンで人気<GSW ガストロの特徴と詳細について>
鉄のフライパンで人気の高いルールフライパンの姉妹ブランドであるGSWのガストロの特徴と詳細についてご紹介しています。表面が網目状になっていて余分な油を落としてくれる特徴があります。
アルミ素材のフライパン<ナノパンの特徴と詳細について>
アルミ素材のフライパンでGSWの独自特許技術のコーティングであるビタフロント加工のナノパンについて特徴と詳細をまとめてご紹介しています。油不要で焦げ付かない人気のフライパンです。